木の家を建てよう!

木造住宅の住み心地について

家を建てる際に木造住宅にしようと思う人が最近は多くなっています。

それは単に木造住宅の方が良いような気がしてというだけでなく木造住宅にした方が子供の健康に良いというのがあります。

 

それで木造住宅にするという人が最近はかなり多くなっています。

では、実際に木造住宅に住む事で子供にどういう良い事があるのかというとそれは木造住宅に住む事で住宅アレルギーを回避できるというのがあります。

 

昔は住宅アレルギーを起こすような子供はいなかったですが最近は住宅アレルギーを起こす子供が増えてきていて新築の家を建てるにしても子供のために敢えて木造住宅にするという人が多くなっています。

 

ですから、単に木造住宅が良いと思って建てるというよりも木造住宅にしないと子供が僅かな化学物質で最悪死んでしまう事もあります。

 

そういう事態を避けるためにも家を建てる時は木造住宅の方が良いと最近は思う人が多くなっているのは確かです。

 

それが子供の健康を守る事になります。

 

 

木造住宅の暖かさ

私自身が生まれてからずっと木造住宅に住んでいたと言う経験からくるものだと思いますが、どうしてもコンクリート住宅よりも木造住宅の方が温かみがある印象を持っています。

特に、昔ながらの大きな柱が家を支える住宅の方が安心です。

実際に阪神淡路大震災を経ても築30年以上の住宅が大きな柱が支えてくれていたおかげで全く問題なく乗り切ることができました。

もちろん、瓦や壁等は補修が必要でしたが住宅としての構造に関しては何一つ問題なかったと言うのは調査結果です。

そして、昔の方々の知恵で縁側等は肌の老化があり冬は暖かく、夏は風通しが良く涼しいと言うメリットがあります。

こうして昔の方々の知恵が詰まった木造住宅はこれからももっともっと建築に生かされるべきところが多いのではないかと思います。

木造住宅の方が、間違いなく人間にとって、家族で住むにあたり、温かみを感じることができ、構造的にも優れているのは言うまでもありません。

 

家を建てる時は、土地の方もしっかり考えたい。

結婚して二人の子供ができ、そろそろ一戸建ての家を建てたいなと思っていましたが、夫の仕事の関係で転勤などもあり、なかなか踏み切れませんでした。

しかし去年引っ越して、しばらくは夫も転勤はないということと、上の子供が来年小学生になるので、この機会に家を建てようと相談しました。

土地もなかったので、調べながら探しました。

 

家を建てると決めてから、まずはハウスメーカーや地元の工務店などへ行き、モデルハウスを見に行ったり話を聞きに行ったりしました。

土地がない私たちは、土地から決めないと家の設計図も何も決められないと言われ、各ハウスメーカーさんがそれぞれ所有している土地を勧めてくれて、すごく有り難いことでした。

そして何社かと話を進めていくうちに、ここにお願いしたいという所が現れたのですが、気に入っていた土地は、別の所が所有していたのです。

土地だけ買って、別のハウスメーカーでは建てられません。気に入っている土地を取るか、お願いしたいハウスメーカーさんを取るか悩みました。

結局家族で話し合って、信頼して任せられるハウスメーカーさんの方を優先しました。

少し後ろ髪はひかれましたが、家は気に入ったものにしたかったので、仕方がありませんでした。

 

もう一度はじめから大阪で木の家を建てるなら、土地をしっかり決めて、出来れば仮でも契約をしてから、家を決めたいと思いました。

しかし、ハウスメーカーや工務店独自にしかない土地情報もあるので、ハウスメーカーと土地との良い出会いもあるかもしれません。

 

生命保険の口コミ.COM
SEOアクセスアップ相互リンク集
サプリメント
心の童話
ショッピングカート
オーディオ
工務店向け集客ノウハウ
生命保険の選び方
マッサージのリアル口コミ.com
健康マニアによる無病ライフ